2012年10月21日

古い小説や映画を何度も消費するのは前向き?後ろ向き?

皆さん、お気に入りの小説やテレビ番組はありますか?

私は高校時代に読んだお気に入りの小説があります。5冊の長編小説なんですが、これまで50回くらいは読んでいて、結婚するまでは1年に一回以上、今でも2年に一回は読み返しています。


また、スティーブ・ジョンソンの「ダメなものは、タメになる テレビやゲームは頭を良くしている」という本では、最近のテレビ番組はDVDを売るためにプロットなどが複雑になっており、昔のドラマは1回見たら終わりというのに対して、何度も何度も見直して楽しめるような作りになっているということが述べられていました。
これは確かにその通りで、最近のドラマは何話にも渡る伏線の貼り方が、注意して見ないと気づかないちょっとした他の番組のパロディといったものが多く取り入れられています。




このようなコンテンツの繰り返しの消費についてScientific American MINDの2012 11/12月号の中に面白い記事がありました。"Why You Like to Watch the Same Thing Over, and Over, and Over Again"(なぜ、あなたは同じものを何度も何度も何度も見たがるのか?)という記事です。

この記事は、アメリカン大学のCristel Antonia Russelと、アリゾナ大学のSidney J. Levyの二人のマーケティングの調査を紹介しています。

コンテンツの繰り返しの消費は、楽しいこと、興奮すること、リラックスすることが分かっているので繰り返すということが基本としてあります。

さらに昔見たものと同じコンテンツを消費することで自分の成長を確認したり、もしくは自分の昔の失敗を思い出したりするという効果があります。

この記事では、「調査の前は、人はノスタルジーのような過去に戻るために、繰り返し消費をしていると思っていたが、実際にはとても前向きで将来を見たものだった」と述べています。


この記事を読んで、いつもの小説をまた読み返したくなりました。

(文: やまざきしんじ)
posted by さいころ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 消費者行動

2012年10月16日

不安はテストの敵じゃなく、味方なのかも!?

勉強の不安.jpg

学校のテストはストレスがかかるものです。学校のテストが不安で眠れない...というほどテストに入れ込んでいた人は少ないかもしれませんが、それでも不安なのは間違いないです。ちなみに、不安によるパフォーマンス低下は「どうせみんな不安」で、一律であるような気がしますし、もしかするとストレス耐性によって違いそうな気もします。


このことについてイギリスのケンブリッジ大学のMatthew Owensらが能力と不安がどのようにテストに影響を与えるかを調査しました。

この実験は12歳から14歳の96人の学生を対象として、ワーキングメモリと不安をテストしてから、認知能力と数学のテストをしました。すると、ワーキングメモリが多い人は不安であるほどテストの結果がよく一方でワーキングメモリが少ない人は不安であるほどテストの結果が悪いことが分かりました。

つまり、この実験では、能力が高い人にとっては不安がパフォーマンスを向上させ、能力が低い人にとっては不安がパフォーマンスを低下させたのです。能力が高い人は、不安によってパフォーマンスを向上させるというのが面白いですね。


この記事は以下を参考に書きました。
British Psychological Society (BPS). "Exam anxiety may lead to better grades." ScienceDaily, 10 Oct. 2012. Web. 16 Oct. 2012.

(文・絵: やまざきしんじ)

2012年10月11日

赤色効果の限界

女性も男性も赤を着ると魅力的に見えるということを以前に書きました。実際に赤い服を着ると異性に魅力的に見えるという研究は数多くありました。
参考: "やっぱり男性にモテる服","やっぱり女性にモテる服の色"


ドイツのドルトムント工科大学のSascha Schwarzらは、この効果についてさらに詳細を調べました。この研究では、平均23.67歳と、平均48.18歳の2つのグループの女性の写真を、平均24.67歳の若い男性のグループと平均53.47歳の中年男性の2つのグループに見せ、9段階で魅力を評価します。この時、女性の写真の背景は白いものと赤いものの2種類を用意しました。これまでの研究結果からすると、男女どのグループでも赤い背景にした写真の方が魅力的と判定されるはずです。

この研究の結果はどちらのグループの男性も赤い背景の写真をより魅力的と評価しました。ただし、これは女性が若い場合に限ります。


これまでの研究では赤い色は女性の魅力度を上げるというだけのものでしたが、若い女性に限るという世知辛い条件がついていたようです。たしかに赤色で魅力度が上がるのは、赤は興奮する色なので異性を性的に興奮させる効果があり、惹きつけるという理由と考えられていました。その点でも、性的対象となるようなある程度の年齢の女性にのみ効果があるのかもしれませんね。

この記事は以下を参考にしました。
Sascha Schwarzら, 2012, "Romantic red revisited: Red enhances men's attraction to young, but not menopausal women", Journal of Experimental Social Psychology in Press, http://dx.doi.org/10.1016/j.jesp.2012.08.004

(文・絵: やまざきしんじ)

posted by さいころ at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛・男女関係

2012年10月05日

赤ちゃんはガラスの板を渡れるか?

昨日、ふと視覚的断崖(visual cliff)の面白い動画を見つけたので紹介します。視覚的断崖というのは、幼児や動物の赤ちゃんが奥行きを見えているかという実験です。これは、E.J.Gibsonの実験として知られているものです(ちなみにアフォーダンスで有名なJ.J.Gibsonの奥さんです)

この実験は、チェック柄の床の上に、チェックのテーブルを置いて、さらにガラスの板を渡します(説明が難しいので動画を見るとわかっていただけると想います)そして、ハイハイできるようになった赤ちゃんや動物の赤ちゃんをテーブルの上において、ガラスを渡ろうとするかを見るというものです。

この実験をすると、赤ちゃんはガラスの板を渡ろうとしない。つまり、奥行きが分かっているということが分かると思います。それにしても、このガラスの板を渡ろうとしないで、イヤイヤしてる赤ちゃんカワイイですね...

posted by さいころ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年10月01日

プロフィール写真を取るちょっとしたコツ

プロフィール撮影.jpg

写真を撮る際に、標準レンズで撮るのと望遠レンズで少し遠くから撮るのでは写真の歪みが違うというのは知られています。例えばこのページに解説があります。ただ、このページではモデルさんのポーズは同じなものの構図も違い、一概に評価できません。


それでは、撮り方でどのくらい違うのでしょうか?カリフォルニア工科大学のRonnie Bryanらはモデルとなる人をハーフミラーを使って、45cmと135cmの2つの距離で同時に撮影しました。その写真から全く同じ大きさで、左右の目がちょうど水平になるようにして画像を切り出して、被験者に様々な評価をしてもらいました。

下の写真は論文から引用したものです。左の写真が45cmの距離から撮ったもの、右の写真が135cmの距離から撮ったものです。

写真のゆがみ.jpg

この研究では、平均年齢33歳の23人の被験者にその人にどれだけ投資するかという調査を行いましたが、135cmからの顔がより投資を受けるという結果になりました。また、別の実験として平均年齢30歳の45人に魅力、能力、信頼を評価してもらったところ、全てで135cmからの顔がより高く評価されました。

ちなみに45cmと135cmというのは、標準的なパーソナルスペースの中(45cm)と外(135cm)と考えることが出来ます。人はパーソナルスペースの中に入って来られると不快に感じるというのは知られています。この135cmからの方が良いというのは、パーソナルスペースの外のためとも言えます。

また、別の実験では、135cmからの顔の方が、より平均的な顔と評価されました。平均的な顔は魅力的に見えるというのもよく知られた現象です。135cmからの顔の方がより平均的であることは、魅力や能力が高いとみなされる説明にもなっていますね。


これでフェイスブックなどにプロフィール写真を載せる場合には、広角レンズでなく、少し遠めから撮った方がいいということが、分かったのではないでしょうか?その理由にはパーソナルスペースと平均顔が隠れていそうですね。


この記事は以下の論文を参考に書きました。また、顔写真も以下の論文からの引用です。
Ronnie Bryanら, 2012, "Perspective Distortion from Interpersonal Distance Is an Implicit Visual Cue for Social Judgments of Faces", PLoS ONE 7(9): e45301. doi:10.1371/journal.pone.0045301


(文・絵: やまざきしんじ)