2011年02月11日

人は脳の10%しか有効に使っていない?、、、なわけない

写真素材 PIXTA
(c) TAKUMI-CG写真素材 PIXTA



自己啓発本でよく「人は脳の10%しか有効に使っていない」とか書いてあったりします。特に若干スピリチュアル系な本でありがちです。

たしかに「90%の潜在能力があなたに眠ってます」とか言われたら心地いいし、「自分を見つめて、潜在能力を引き出す」とか言っておけばホイホイお金を出してくれる人もいそうです。


この話は、果たして本当でしょうか?いやいや全く本当ではありません。Wikipediaの"脳"のところにも記載がありますが、グリア細胞の効果が分からない時代に、脳の中で使われいない部分があると言われていたものがそのまま流布したようです。


ちなみに「こんな話が広まっているのは日本だけ?」と思っていましたが、アメリカや他の国にも広く流布しているらしく、若干ですが心理学者や神経科学者の中にすら信じている人がいるそうです。

よく言われていることと真実の間には大きなギャップがありますので、正しい知識を得て間違ったことを迂闊に信じないようにしないといけないですよね。


ちなみに、こちらの「いんちき」心理学研究所さんのページによくまとまっていました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43359192
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック