2011年03月23日

オーストリッチ効果

写真素材 PIXTA
(c) ファイン写真素材 PIXTA


人は嘘を暴きたがらないということがあります。これはオーストリッチ効果(ダチョウ効果)とも呼ばれます。ダチョウは危険になると自分の頭だけ砂に突っ込んで見ないようにするという話から来ています(これは作り話)。つまり、自分がリスクのある情報は知りたがらないのです。


このような原因としてはいくつかあり、一つは嘘が真実よりも心地良いということがあります。また、真実を知ってしまうと、その後に起こることが怖いのでそのままにしておくということがあります。さらに、真実を知ったとしても何をしていいのか分からないため、真実を知ろうとしないということがあります。

このように、人には嘘を暴きたがらないという動機があるのです。


ちなみに、人は自分が人の嘘を見抜く能力については、実際よりも高く見積もっています。自分が思っているほど嘘を見抜くのが下手なのです。

一方で、自分が嘘をつける能力については低く見積もっています。意外と嘘をつくのが上手いのです。


(文: SY)

関連記事:
非言語的な部分で嘘を見抜く...のは困難です
初対面ではどんな嘘をつく?
嘘をつく時はどこを見る?
嘘を見抜くちょっとしたポイント
瞬きは迷いのサイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43964230
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック