2011年08月23日

結婚・離婚後の体重増加に注意

ダイエット1 - 写真素材
(c) tsuiaストックフォト PIXTA


結婚や離婚は健康にとってリスクになるかもしれません。アメリカのデータを元にしたものですが、オハイオ州立大学のDmitry TuminとZhenchao Qianの研究は日本人でも考慮すべきものだと思います。

この研究は1986年から2008年にかけての10,071人のデータを使ったもので、この研究によると、結婚後と離婚後の2年間で健康的にリスクがあるほどの大幅な体重増加があるかもしれません。


これまでの研究では結婚すると体重が少し増えて、離婚すると体重が少し減るというものでしたが、実際に減った人、変わらなかった人、増えた人、大幅に増えた人と分けて考えると、結婚後・離婚後にそれぞれ大幅に増えた人がいました。

この大幅な体重増加は、女性の場合は結婚後に、男性の場合は離婚後に起きます。また、年齢としては30歳から50歳で発生して、歳を取るほどこの割合が増えていきます。逆に20代では今回のデータからはよくわかりませんでした。


ではどうしてこのようなことになるのでしょうか?Tuminらの推測によると、女性が結婚後に太るのは、家にいることが多くなり、またじっとしていることが増えるから、ということです。

逆に男性が離婚後に体重が増えるのは、それまで結婚して健康的な生活をしていたのに、その生活がなくなるから、ということです。


このデータはアメリカのものでこの研究もアメリカのものですが、結婚後に家にいることが増えじっとしていることが増えたり、離婚すると食生活が変わってしまうというのは日本でも同様と考えられます。日本人の場合は健康リスクがあるほどの体重変化は少ないとも考えられますが、やはり結婚・離婚後は健康に注意しないといけないですね。


この記事は以下を参考に書きました。
Ohio State University (2011, August 22). Large weight gains most likely for men after divorce, women after marriage. ScienceDaily. Retrieved August 23, 2011, from http://www.sciencedaily.com-/releases/2011/08/110822091916.htm


(文: SY)
posted by さいころ at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47504762
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック