2009年01月01日

さいころの自己紹介

自己紹介

face-1.jpg
山崎有紀子
1973年生まれ。愛知淑徳大学大学院コミュニケーション研究科心理学専攻博士後期課程満期退学。人の研究を見たり、論文を読むのは好きなんですが、どうやら自分で研究するのはあまり好きじゃなかったことに気づき、アカデミックの道を諦めました^^;; 大学講師などを経て、大学院受験予備校などで心理系大学院受験生の指導を行っています。 また、心理系大学院受験の参考書作成にも協力してます。主な共著書に『心理英語問題集』・『臨床心理士・指定大学院合格のための心理学テキスト 』(オクムラ書店)などがあります。また何か出るかもしれません。
好きな心理学者は、マーティン・セリグマンとダニエル・ギルバート。興味のある分野は、応用行動分析とポジティブ心理学です。
アマゾンから届いた本がどんどんと積んどくに変わっていくのを眺める生活をしています。

shinji-2.jpg
やまざきしんじ(山崎真司)
1973年生まれ。名古屋工業大学電気情報工学専攻博士前期課程修了。学生時代は認知心理学には興味のあるものの、実際にはただのコンピュータオタク。数学能力がないのでアカデミックの道は早々に諦めて、某通信メーカーに就職しました、紆余曲折の末、独立して今にいたります。ちなみに社会人になってからはビジネス書などのノンフィクションの本を読み漁る生活しています。某ベンチャー企業時代に自分で企画・設計をした製品が50億円以上売れたのが唯一の自慢で、マーケティング能力があると自負していますが、誰にも認められたことはありません。
心理学については認知心理学と社会心理学に興味はあっても、それ以外にはほとんど関心がありません。好きな心理学者はダン・アリエリ。また、哲学者のダニエル・デネットをさいころセミナーに呼びたいという大きな野望を持っています。
コンピュータによる画像認識に興味津津のお年頃です。


さいころの運営方針

心理学のさいころは、「正しい心理学の知識がもっと大きな力を生む」をモットーに、以下の3つの方針に従って、価値ある正しい知識の提供をしていきます。

1.知識に対して真摯に向き合う
2.価値を提供する
3.社会的に価値のあることを行う


さいころの活動内容

心理学のさいころでは、以下の4つの活動を行なっています。

・さいころニュース
主に海外の最新の心理学ニュースからビジネスパーソンの役に立ちそうな情報を紹介しています。本などにはまだなっていない、本当に最新の研究などを紹介していると思います。また、よくあるビジネス書などのように思い込みでは書いていない”エビデンスベース”の記事がさいころニュースの特徴です。


・さいころセミナー
1〜2ヶ月に一回行なっている一般の方向けに行なっている心理学のセミナーです。さいころニュースを書く上で調べたことなどをまとめて、1つのテーマを軸に心理学を紹介しています。よくある心理学のセミナーとの違いは、さいころセミナーでは、研究や事実を紹介することを中心としていることです。違いを感じていただけたら幸いです。


・心理系大学院受験対策塾プロロゴス
心理学の大学院を目指す学生・社会人のための塾です。少人数制で、大学院受験をサポートしています。大学院受験指導10年以上のベテラン講師が指導しています。


・プレゼン練習塾
”塾なのに塾じゃない”をモットーにやっている、プレゼンテーションの練習会です。もともと自分のスキルアップのためにはじめました。やはり、人前で話すのは練習すればするほどうまくなるし、コツが分かってくるものです。


posted by さいころ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54595093
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック