2012年08月08日

嘘を減らして健康に!

うそなし.jpg

ある研究では人は、週に11回嘘をついているそうです。

※10分で3回嘘をつくといった研究もあります。これはどこまでを”嘘”とするかと、どうやって測るかによるでしょう。

嘘の中には、相手のための嘘やその場の空気を壊さないための嘘といったものもあるので、嘘自体がいいか悪いかは難しいところです。社長とカラオケに行って「僕の歌どう?」と聞かれて、「正直、下手です」と答える人はきっといないでしょう。

でも、やっぱり嘘はつかない方がいいみたいです。


ノートルダム大学のAnita Kellyらは18歳から71歳の110人の被験者を10週間に渡って嘘に関する調査をしました。被験者の平均年齢は31歳で、66%が大学生でした。

被験者の半分は大きな嘘と小さな嘘をやめるように言われ、残りの被験者は何も指示されませんでした。被験者は毎週、研究室に来て嘘の数を評価しました。


この結果、嘘をつかないように言われたグループはいつもよりも嘘をつくのを3つ減らすと、憂鬱や緊張といったメンタルの問題が減少し、頭痛や喉の痛みといった身体の問題も減りました。一方、何も言われていないグループでも嘘を3つ減らすとメンタルと身体の問題がわずかに減りました。

この研究を通して、嘘をつかないように言われたグループは、この10週間で有意に嘘が減りました。また、5週めで、自分がより正直になったと感じていました。さらに嘘を減らすことで、個人的な関係もより改善し、社会的により上手く対応できるようになったと感じていました。


また、この研究では嘘をつかないようにするために、嘘つくのを回避する方法を被験者が学習したということを述べています。趣味の悪い服を相手が着ている時に「この服どう?」と聞かれそうなら、その前に「珍しい服だねぇ?どこで買ったの?」と聞くのは、嘘を避ける良い方法です。このように質問することは、相手への興味を示すことにもなるので、互いの関係も良好になるでしょう。

嘘をつくことは、精神的にも身体的にもストレスがかかることです。また、嘘をつかないで済むようなテクニックも磨くことができるということですね。


この記事は以下を参考に書きました。
American Psychological Association (APA). "Lying less linked to better health." ScienceDaily, 4 Aug. 2012. Web. 7 Aug. 2012.

(文・絵: やまざきしんじ)
posted by さいころ at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルヘルス/幸福
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57493522
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック