2011年09月20日

歌う鳥と脳のサイズ

インコ - 写真素材
(c) キッキジロウ写真素材 PIXTA


オウムやインコなど一部の鳥は歌うことや他の鳥の真似をすることができます。こういった鳥は”賢い”鳥に見えますが、実際にはどうなんでしょうか?

イリノイ大学のJordan Mooreらは研究では、アメリカ、ヨーロッパ、南アフリカから、歌でメスを惹きつける鳥49種類についてそれぞれオス3匹を集めて、脳のエリアのサイズを計測しました。


その結果、こういった能力がある鳥は、脳にある特徴があるようです。それは脳のサイズではなく認知能力などを司る脳の上部のサイズが、脳の下部のサイズと比べて大きいのです。つまりサイズそのものでなくて、上部の相対的な大きさがポイントなのです。


私たちの直感では、”相手の真似をする”ような特殊な能力の鳥は他の鳥よりも脳の容量が大きいような気がしますが、上部と下部のサイズの比率がポイントというのは意外な結果です。脳のサイズが大事というのは、脳の複雑さを考えると素朴すぎる直感なのかもしれません。


元の論文情報は以下。
J. M. Moore, T. Szekely, J. Buki, T. J. DeVoogd. Motor pathway convergence predicts syllable repertoire size in oscine birds. Proceedings of the National Academy of Sciences, 2011; DOI: 10.1073/pnas.1102077108

この記事は以下を参考にしました。
Cornell University. "Size matters: Length of songbirds’ playlists linked to brain region proportions." ScienceDaily, 19 Sep. 2011. Web. 20 Sep. 2011.

(文: SY)
posted by さいころ at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年09月04日

言語ごとの情報伝達速度

英字羅列 - 写真素材
(c) サカケン写真素材 PIXTA


フランスのリヨン大学のFRANÇOIS PELLEGRINOらが7つの言語の情報伝達速度について調査しました。これは20の短い文章を中国語(北京語)、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、イタリア語、スペイン語の7ヶ国語に翻訳し、ネイティブな話者60人に話してもらうということで調査しました。

この結果、情報を伝える速度は言語の間でほとんど違わないことがわかりました。


ただし、聞いた時の印象はかなり違います。これは、言語によって音節の速度に違いはありますが、早い言語はその分だけ情報の密度が低くなっているためです。このことが言語間の情報伝達の速度の差が少ない理由になっています。ちなみに日本語は、1音節は早いけど情報密度が低い言語、ということになります。一方、中国語は1音節は遅いけど、情報密度が高い言語になります。


この記事は以下を参考に書きました。
Linguistic Society of America (2011, September 2). Language speed versus efficiency: Is faster better?. ScienceDaily. Retrieved September 4, 2011, from http://www.sciencedaily.com-/releases/2011/09/110901093726.htm


(文: SY)
posted by さいころ at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年08月23日

結婚・離婚後の体重増加に注意

ダイエット1 - 写真素材
(c) tsuiaストックフォト PIXTA


結婚や離婚は健康にとってリスクになるかもしれません。アメリカのデータを元にしたものですが、オハイオ州立大学のDmitry TuminとZhenchao Qianの研究は日本人でも考慮すべきものだと思います。

この研究は1986年から2008年にかけての10,071人のデータを使ったもので、この研究によると、結婚後と離婚後の2年間で健康的にリスクがあるほどの大幅な体重増加があるかもしれません。


これまでの研究では結婚すると体重が少し増えて、離婚すると体重が少し減るというものでしたが、実際に減った人、変わらなかった人、増えた人、大幅に増えた人と分けて考えると、結婚後・離婚後にそれぞれ大幅に増えた人がいました。

この大幅な体重増加は、女性の場合は結婚後に、男性の場合は離婚後に起きます。また、年齢としては30歳から50歳で発生して、歳を取るほどこの割合が増えていきます。逆に20代では今回のデータからはよくわかりませんでした。


ではどうしてこのようなことになるのでしょうか?Tuminらの推測によると、女性が結婚後に太るのは、家にいることが多くなり、またじっとしていることが増えるから、ということです。

逆に男性が離婚後に体重が増えるのは、それまで結婚して健康的な生活をしていたのに、その生活がなくなるから、ということです。


このデータはアメリカのものでこの研究もアメリカのものですが、結婚後に家にいることが増えじっとしていることが増えたり、離婚すると食生活が変わってしまうというのは日本でも同様と考えられます。日本人の場合は健康リスクがあるほどの体重変化は少ないとも考えられますが、やはり結婚・離婚後は健康に注意しないといけないですね。


この記事は以下を参考に書きました。
Ohio State University (2011, August 22). Large weight gains most likely for men after divorce, women after marriage. ScienceDaily. Retrieved August 23, 2011, from http://www.sciencedaily.com-/releases/2011/08/110822091916.htm


(文: SY)
posted by さいころ at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年08月08日

子供への最初の2つの贈り物

人物 赤ちゃん 子供 0歳  - 写真素材
(c) miho写真素材 PIXTA


親が子供に贈ることができるものはいくつかありますが、最初の2つはその子供の人生に影響を与えます。一つは誕生月、もう一つは名前です。


誕生月についてですが、たしかコンピュータ雑誌のテクノポリスというもので25年ほど前に読んだ記事だったと思います。日本のプロ野球の選手は4月、5月生まれが有意に多いという記事を読みました。日本では、4月、5月生まれは、同学年の他の子よりも身体が大きいので、運動能力が高く、子供のころから”運動が得意”と言われ自身もつき、実際にチャンスも多くもらえるから、といった内容の記事だったと思います。

マルコム・グラッドウェルの”天才”でも同様のことが書かれていて、アメリカの大リーグや、カナダのホッケーリーグ、イギリスのサッカーリーグでの同様の傾向であると書かれています。やはり、それぞれの国での学年の区切りに依存して、区切りの直後の月の選手が圧倒的に多いという結果でした。

つまり、日本で成功したいならば、子供の誕生月を4月、5月にすることが子供が有利になります。


また、名前が大事ということはいろいろ言われています。”影響力の武器 実践編”の「名前の響きの意外な効果」によると、アメリカではデニスのような歯医者(デンティスト)に似ている名前の人が有意に多いという研究が載っています。アメリカ歯科医師協会の名簿で調べたところ、デニスという名前の歯科医は、名前の出現頻度で想定されるよりも82%多い482人だったという研究が載っています。

また、アメリカではCやDで始まる名前の人はCとDといった悪い成績を取る傾向があり、逆にAやBで始まる名前の人はAとBといった良い成績を取る傾向があります。また、アメリカでは野球の三振をKと書きますが、Kで始まる選手は他の選手よりも三振をしやすいという研究もあります。
Barking up the wrong tree"Can your name determine whether you're successful or not?"より)


このように統計的に見ると、人はその名前が暗示するような方向に進んでしまいます。子供の名前をつける際にはこのようなことに注意して、良い仕事や良い行動を暗示するような名前をつける方がいいでしょう。


この誕生月と名前は親が最初に子供に贈ることができるもので、二つとも変えることができない大事なものなのです。


(文: SY)

天才!  成功する人々の法則
マルコム・グラッドウェル
講談社
売り上げランキング: 2091



影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣
N.J.ゴールドスタイン S.J.マーティン R.B.チャルディーニ
誠信書房
売り上げランキング: 8415

posted by さいころ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年08月02日

子供の身長を予測する公式

フレーム付き身長計 - 写真素材
(c) おとこのと画像素材 PIXTA


子供の身長は両親の身長と有意な相関があります。もちろん、環境要因もありますが、両親の身長から子供の身長を予測する簡単な近似式は以下のようになります。

男の子: (父親の身長 + 母親の身長 +5)÷2 cm
女の子: (父親の身長 + 母親の身長 ー5)÷2 cm

ただし、食生活の変化によって身長は変化していますので、今、大人の身長がその親の世代とは補正が必要だと思います。

例えば、私の両親(75歳前後)と私の年齢で計算すると、経済産業省の”size-JPN 2004-2006 調査結果について””【別紙】57項目平均値データ”を見ると75-70歳の男性の平均身長が160.4cm,女性の平均身長が147.3cmとなっており、35-39歳の男性の平均身長が171.0cm、女性の平均身長が158.5cmとなっていますので、10cm程度の補正が必要です。

また、日本での男女の平均身長の差を考えると上の式だと身長の差がおかしくなるので、75歳の両親と38歳の大人の場合はおおよそ、以下のような式になるでしょうか?

男の子: (父親の身長 + 母親の身長)÷2 +16cm
女の子: (父親の身長 + 母親の身長)÷2 +6cm

ちなみに日本人の世代別平均身長をグラフにしてみました。このデータは先程の経済産業省の”size-JPN 2004-2006 調査結果について”を参照しました。

日本人世代別平均身長.001.jpg

このグラフから見ると今の子供と親世代では平均身長はあまり変わらないと仮定できそうですね。ですので、今の子供の身長の予測式は

男の子: (父親の身長 + 母親の身長)÷2+5cm
女の子: (父親の身長 + 母親の身長)÷2−5 cm

と見積もっていいのではないでしょうか?もちろんこれは近似式にすぎません。

この記事はBarking up the wrong tree”Is there a formula for predicting the height of your future children?”を参考にしました。


(文: SY)
posted by さいころ at 09:50| Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2011年07月30日

世界は意外とべき乗則?さいころニュースのアクセス解析から

今回は心理学とは関係ありません。

世界のいろいろなものはべき乗という式で表されると言われています。例えば、本に現れる単語とその出現回数や英単語の長さとその単語数などはべき乗則になると言われています。ちなみにべき乗のグラフ(y=a^x-k )はこんな感じです。反比例(y=a/x)のグラフに似ていますがちょっと違います。

べき乗.jpg

というわけで、さいころニュースへのアクセスのキーワード解析をして、キーワードとその頻度をグラフにしてみました。

全体のグラフはこんな感じです。
キーワード頻度.001.jpg

頻度1、2回のキーワードを除いた、前の方だけ拡大したものがこちらです。
キーワード頻度.002.jpg

1位のキーワード(ちなみに”さいころニュース”)が理想よりもすこし低いのですが、それ以外はかなりべき乗のグラフに似てますね。


ちなみにべき乗則ってどんなの?というのを気になる人は以下のホームペページがとても面白いです。
悪魔の妄想さん”フラクタルビスケット、ポアソンスパゲッティ”
同じく”べき分布のメカニズム”



(文: SY)


少し理系的な本ですが、こちらは面白いです。社会科学をやる人にもオススメ。


posted by さいころ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年07月27日

頭の中のタイムキーパー

目覚まし時計 - イラスト素材
(c) YoDaイラスト素材 PIXTA


私たちの頭の中にはタイムキーパーがいるのでしょうか??これは難しい問題だと思います。10秒経ったらボタンを押す、というゲームがあった時には、頭の中で数を数えたり、ちょうど10秒になるような歌を頭の中で歌ったりといったことをするのではないでしょうか?

つまり10秒や30秒といった時間を測れるようなタイムキーパーは意識的にはいなさそうです。一方、短い時間を測るタイムキーパーはどうやらいるようです。

台湾の国立中央大学のDenise Wuらが時間と数字の関係についての研究をしました。この研究の実験の1つは、被験者がコンピュータの前に座って、1秒以下という短い時間だけ数字を見て、それから”NOW”と表示されたら、数字が表示されていた時間だけキーを押すというものです。この実験では、被験者がキーを押す時間は見ていた数字の大きさが大きい時には長く、見ていた数字が小さい時には短いことが分かりました。

頭の中のタイムキーパー.001.jpg

見た数字に影響を受けて時間が前後するということは、時間を測っている人間の頭の中のタイムキーパーは他のものと独立に時間を測っているのではなく、人間に他の認知からの影響を受けていることを示唆しています。

頭の中のタイムキーパー.002.jpg

このことは、面白いテレビを見ている時や仲の良い友だちと話している時は時間が早く進むのに、ずっとケーキの上に苺を乗せる仕事をしている時に時間がゆっくり進むことを説明する手がかりになります。つまり、人間の頭の中のタイムキーパーは客観的な時間を測るものでなく、主観的な時間を測るものなのです。


この記事は以下を参考に書きました。
Association for Psychological Science (2011, July 20). Time and numbers mix together in the brain. ScienceDaily. Retrieved July 23, 2011, from http://www.sciencedaily.com/releases/2011/07/110719171549.htm

(文: SY)
posted by さいころ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年07月22日

ゴルフの心理学

ゴルフ[1911335] - 写真素材
(c) YsPhotoストック写真 PIXTA


ゴルフについての心理学的なコメントやメンタルトレーニングといったことは様々行われていますが、Psychologist誌でゴルフの特集があったために、簡単にまとめてありました。


・ホームアドバンテージについて
1979年からライダーカップ(ヨーロッパの選手とアメリカの選手がチーム戦を行うもの)では、15回のうち9回がホームチームが勝っています。ホームの観客の応援によって、選手が自信を深めて、より勝利への期待を増やすと考えられます。


・手順と集中
ゴルフでは、「右腕をこう上げて、振り下ろす時にこうして」などのように具体的なスイングの手順などは考えずにプレイしなければなりません。ゴルフのゲームは、歩いて、集中して、プレイするというものです。集中することは、目標に向かってボールを運ぶことだけです。


・ショットに集中する
完璧なゲームをするためには、しっかりしたスイングの基礎を作る必要があります。今のスコアや前のラウンドの失敗などは考えずに、ショットに集中する必要があります。たとえミスしても、それはゲームの中のたくさんあるうちのただの1ショットにすぎないことを学ばないといけません。


・赤い服
服がパフォーマンスに影響をすると考えている人たちがいます。最近の研究では、赤はスポーツでの成功に結びついています。色は支配や脅威のサインとして機能するため、スポーツで赤い服を着ると、より勝つと言われています。ちなみに、タイガー・ウッズは、メジャートーナメントのファイナルラウンドでは、赤を着ることは有名です。


・ゆったり”歩く”
コースでのゴルファーのボディーランゲージは、自分や相手の自信に影響を与えます。研究では、適切な姿勢やアイコンタクトが、相手のパフォーマンスに影響を与えることがわかっています。


・選択と決定
ゴルファーは、ホームではコースを知っているから有利です。どのようなショットを選択すればベストかを知っていれば、落とし穴を避けられます。環境をより知っていることで、完璧なゴルフを行うイメージもしやすくなります。


・ラウンドの前にスコアカードを書く
ゴルファーは期待という悪魔によって苦しめられています。例えば連続でミスをすると、今度こそは挽回しようとしますし。絶好調の場合は、終わってもいないのに優勝のことを空想してしまいます。そしてこのようなことが、自分の意識をスイングから遠ざけてしまい。ショットへの集中が逸れてしまいます。


・混乱について
ゴルフのスイング自体は1秒にも満たないものです。そしてショットのための計画をして、素振りしてショットをすることも1分程度のことです。

一方で、ゲームのことをあれこれ考えるためには十分の時間があります。このあれこれ考える時間が、プレイヤーに不安を与えてしまいます。結果として、自分でショットをする前に自分で混乱をしてしまい、勝手に壊れていくといったことがあります。


この記事はBPS(The British Psychological Society)の"Get in the swing of it"を紹介したものです。


関連記事:
”スポーツのモチベーション”
”スポーツにおける””セルフトーク””
”姿勢の影響は権力の影響よりも大きいかも!?”

(文: SY)

新 インナーゴルフ
新 インナーゴルフ
posted with amazlet at 11.07.22
ティモシー ガルウェイ
日刊スポーツ出版社
売り上げランキング: 89336


新インナーゲーム―心で勝つ!集中の科学
W.ティモシー ガルウェイ
日刊スポーツ出版社
売り上げランキング: 16072

posted by さいころ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年07月19日

ダイエットには体型のイメージから

ボディパーツ メジャー [2365712] - 写真素材
(c) 赤城 一人ストック写真 PIXTA


ポルトガルのリスボン技術大学のEliana Carracaらが太っている239人の女性の被験者を対象に1年間かけた減量プログラムの研究を行いました。この研究では、2つのグループに分けており、片側のグループでは、週1回のグループセッションで、運動や食事、自分の体型のイメージの改善といったことを行いました。

この研究の結果から、実際の減量が体型のイメージの改善と強い相関があることが分かりました。これは、まず自分の体型のイメージを改善することで、自らの食事の管理を行うようになり、その結果として減量をしていくという因果関係になっていると考えられます。

つまり、ダイエットでは、まず自分の体型についてのイメージを変えていかないと、ダイエットの効果が減るようです。


ボディーイメージの改善方法は、この研究ではグループセッションで議論をするといった方法をとっています。このように他者と自分の体型について語れる場というものがあるとたしかにダイエットには有効ですよね。


この記事は以下を参考にしました。
BioMed Central Limited (2011, July 18). 'Love your body' to lose weight. ScienceDaily. Retrieved July 19, 2011, from http://www.sciencedaily.com/releases/2011/07/110717204913.htm

元の論文はこちら


(文: SY)
posted by さいころ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年07月04日

女子サッカーはスピーディー?

サッカー試合[1418308] - 写真素材
(c) アキStock Photos PIXTA


ちょうどサッカーのFIFA女子ワールドカップのドイツ大会が行われています。なでしこジャパンも善戦しているようで、結果が楽しみです。


この女子ワールドカップに合わせてかドイツのミュンヘン工科大学のMartin Lamesが女子サッカーの面白い研究のプレスリリースをしています。男女のサッカーの試合56試合を分析したところ、女子サッカーは男子サッカーよりも中断が少なくスピーディーであるということです。

サッカーは、しばしばボールがグランドから出たり、ファールなどで中断をしますが、この時の平均的な時間は女子の方が男子よりも短いのです。ゴールをしてみんなで祝う時間は女子が平均45秒なのに対して、男子は60秒。選手交代も女子の方が平均10秒も短く行います。また怪我の場合も女子は、男子よりも30秒早くピッチから出ます。

これは、男子サッカーの方がより観客が多く、”見られている”ためにより長い時間ゴールを祝ったりするということが考えられます。また、ファールなどでは通常は勝っている側のチームがより時間をかけます。つまり、このような戦術的な遅延を男子の方がより徹底しているとも考えられます。


ファールで中断する時間の差異も、このように”見られている”感覚と、戦術的な遅延、といったものが組み合わさっているんですね。


個人的には遅延の長い選手よりも、高校野球のような清々しいキビキビとした再開をしている選手を応援したいので、女子にはがんばってもらいたいです。

そして、今年のなでしこジャパンはどこまで行けるのでしょうか?まず、次のイングランド戦も頑張って欲しいですね。


この記事はミュンヘン工科大学の"Study on football: Women get up faster"を参考にしました。

(文: SY)
posted by さいころ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年06月21日

大学の先生退官に思うこと

先日、恩師が客員教授をされている某大学も退官されたということで、謝恩会に参加してきました。心理学のニュースではありませんが、そのことを一つだけ書かせてください。

その先生は会社員として27年間、教員として26年間の53年間の研究・開発者生活をされてきて、77歳で某大学を退官されました。

教師には2つの教え方があると思います。
1.知識を教える・伝える教師
2.自らの姿を見せて、勝手に感じさせる教師
先生は完全に2.のタイプでした。

昔、何かの本で「大学の先生は高校の先生と違って、その場ですらすらと問題を解いて教えるのではなくて、その場で悩みこんで考える姿を見せるものだ」といったことを読んだことがありますが、まさにこういったタイプの先生でした。

知識を教えるのは上手ではなかったと思いますが、60歳を過ぎても毎日終電まで研究を続けていて、また私が在籍していた大学を退官後も大学の近くにマンションを借りて研究していた姿はまさに「背中で教える」といった先生でした。


先生は退官されても研究を続けられると思いますが、区切りのパーティーに参加したことで、ちょっとしんみりしたので、書かせていただきました。


(文: SY)



posted by さいころ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年05月25日

コンピュータが読書力を奪う?

写真素材 PIXTA
(c) yanmo写真素材 PIXTA


「コンピュータを使うと読書力が落ちる」というのはしばしばに言われることです。一方で「コンピュータでホームページとかを読むから、読書力は上がる(もしくは下がらない)」という反論も目にします。

実際にはどうなんでしょうか?ホームページで様々な情報を集めるような世代でなく、9ー10歳を対象とした実験では、どうやらコンピュータは読書力を下げるようです。

スウェーデンのヨーテボリ大学(イェテボリ大学)のMonica Rosén教授が1970年代から、イタリア、ハンガリー、アメリカ、スウェーデンで9ー10歳の子供に対して読書力の調査をしています。

この間で、教育上の施策のためかイタリアとハンガリーでは読書力が改善しています。一方、アメリカとスウェーデンでは1991年以降に読書力が低下しています。

理由の一つは学校外活動が一般的になり、その結果として家で本を読む余暇が減ったと考えられます。

もう一つの理由として、家でコンピュータを使用するようになると同様に家で本を読まなくなりますコンピュータを使用すると、その分、読書の頻度と図書館からの本の貸出数が減るということも分かりました。


結局、有限な時間の中で何をするかというリソースの問題でしょう。コンピュータをする時間の分だけ、他の活動時間が削られます。もちろん校外活動をしても同様です。私自身は子供の頃から読書もたくさんしたし、コンピュータもかなり触っていたので、コンピュータ使用が読書力を低下させるとは思っていませんでしたが、これは良い警告です。言われてみれば当たり前の結論かもしれませんが、複数の国にわたって30年以上調査をしてきたというのは素晴らしいことです。

あ、ちなみに私の場合は読書時間とコンピュータの時間を確保した分は、勉強時間を削ってました…よくないですね。


この記事は以下を参考に書きました。

University of Gothenburg (2011, May 24). Poorer reading skills following changed computer habits of children. ScienceDaily. Retrieved May 25, 2011, from http://www.sciencedaily.com/releases/2011/05/110523171103.htm

(文: SY)
posted by さいころ at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年05月13日

指紋の確認は習熟できる??

写真素材 PIXTA
(c) Tsubaki写真素材 PIXTA


あんまり心理学関係ありませんが、指紋について面白い記事があったので、ご紹介します。あ、ちなみに私は以前、指紋に関するソフトウェア作ってましたので興味があったということだけなんですが…


クイーンズランド大学のJason Tangenは、指紋の判定についての論文をjournal of the Association for Psychological Scienceに出しました。これによると、

37人の素人と、37人の指紋のプロにそれぞれ、指紋のペアが同じかどうか(つまり容疑者の指紋と現場の指紋が一致するか)確認させました。この同じかどうかは12段階で評価されました。

素人は55.18%の指紋を一致していないのに一致したと見なしました。一方、プロは92%以上正解しましたが、8%近くを一致しているのに一致していないとみなしました。

ここから、指紋のプロは素人よりもかなりしっかりとと指紋を判断しているが、完全には遠いことが分かりました


ちなみに私が指紋に関するソフトウェアを作っていた時によく、「この指紋の情報があれば、犯罪捜査とかで使えますか?」といったことを聞かれました。実際には多くの指紋のソフトでは指紋自体の画像を保存していないため犯罪捜査では使えません。使っているセンサーで実際に犯人の指紋を取れればいいのですが、そうでなければ残留指紋の情報から同じようなデータが作れないシステムが多いと思います。

この記事は Association for Psychological Science"Dusting for fingerprints -- It ain't CSI"を参考に書きました。

posted by さいころ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年05月08日

ブレインストーミングの資料

日曜日の18:00からNHK教育テレビで”ティナ・シーリグのスタンフォード白熱教室”という番組をやってます。これを見ていてブレインストーミングを無性にやりたくなりました。

そんなわけでブレインストーミングをする際に使うシートを作成しましたのでアップしておきます。よろしければお使いください。

ブレスト.jpg

pdfはこちら

(文; SY)


20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグ
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 126

posted by さいころ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年04月06日

嘘っぱちに惑わされないための10の方法

写真素材 PIXTA
(c) ユーヤ写真素材 PIXTA


世の中には嘘っぱちがたくさん流布しています。
「アポロは月に着陸していなかった..」
「ゲーム脳の恐怖..」
「水にありがとうという文字を見せると、水の結晶がキレイになる..」
等々。

他にも、量子論や相対性理論からスピリチュアルなこと(引き寄せの法則とか)を主張してみたり、マヤ暦によると2012年に地球が滅亡してみたり、といったことが言われています。

こういった嘘っぱちにダマされないための入門書としては、”と学会”で有名な山本弘の”ニセ科学を10倍楽しむ本”がなかなか読みやすくてオススメです。


この本からニセ科学にダマされないための10の方法を書いてみます。なお、10の方法は本よりの引用ですが、その説明は独自に書いています。


1.話の出どころを確認する

本当の話かどうかは出どころをチェックする必要があります。誰かが本で書いていたり、それをさらに引用した本があちこちにあったからと言って真実とは限りません。

複数の情報源から入ってきた情報でも、その根っこがつながっていたらあまり信ぴょう性は高まりません。嘘をついて騙す人や、不安を煽って自分の商売(講演業とか、カウンセリングとか、なんとか健康水とか、なんとかブレスレット)をしようとする人も多いです。


2.誰が言っているかを調べる

どこかの大学の教授が言っていたり、歴史上有名な人が言っているからといって真実とは限りません。よく言われることですが、専門以外の分野でのコメントは怪しいと考えていいです。専門の領域についても複数の専門家が言っているならばいいのですが、一人だけが言っていることは、例えその人がテレビでよく見る人だろうとたくさん本が売れていようと、疑った方がいいです。

歴史上有名な人(例えばユング大先生)が言っているからといって、専門外のこと(例えば物理現象)についてそれまでの常識と違うことを言っている場合(例えばシンクロニシティという現象があること)は疑ってかかった方がいいです。

また、引用の場合だと、引用者が文章の一部を引用することで意味を変えることができるので要注意です。これは引用者が意図している場合もありますし、二次引用などで意図せずにやっている場合もあります。

参考: 権威に訴える論証(wiki)


3.キーワードに注目する

よく分からない専門用語やキャッチーな言葉には要注意です。「波動」、「高次元」、「マイナスイオン」、「タキオンパルス」などがありますね。また、「量子論」、「相対性理論」などは有名な言葉ですが普通の人は詳細をよく知らないのでよく使われる言葉です。

難しい専門用語があるからといって真実であるというわけでありません。


4.反論に目を通す

最近はインターネットで様々なニセ科学や嘘っぱちに批判が書いてあります。批判を検索して、オープンな気持ちで読んでみましょう。


5.数字に注目する

数字が計算できる場合は数字を計算しましょう。また、実際の統計に当たるのも大事です。残留農薬や凶悪犯罪が起こっている、などは数字の計算や統計にあたることで本当のことがなんなのかを見抜くことが出来ます。


6.理屈で考える

「どうしてそんな大規模な陰謀がバレていないのか?」、「どうしてそんな新理論を専門家が取り上げていないのか?」、「どうして他のメーカーが参入していないのか?」といったことをよく考えてみると嘘と本当を見分けることが出来ます


7.実験をやってみる

試せることならば実験をしてみましょう。


8.自分の目を疑う

自分の目で「・・・のように見える」ということだけで真実を決めることは出来ません。他にもいくつでも仮説を立てられます。例えば、「あまりにも変な形の雲なので、地震雲にしか見えない」という人は、いつも雲を見て明確にイメージしているのか、上空の複雑な風の具合でそういった雲が出来る可能性はないのか、といった他の可能性を考える必要があります。

人間にとって視覚はあまりにもビビッドなので視覚で見た情報を信じてしまいがちですが、それだけが真実ではありません。ニュース番組の中のインタビューはただの一人の意見にすぎず、他の全てを代表するわけではないのですが、それでも強い印象を受けてしまいます。


9.願望と事実を区別する

”キレる子供はゲーム脳のせい”や”殺人者の家から大量のエロビデオがあった”などのように、人は事件や物事などについて、自分が「こうありたい」と思っていることには敏感に反応してしまいます。いわゆる”情報から自分に都合のいい情報のみを集めてしまう”という確証バイアスですね。この確証バイアスは自分にもありますが、同様に取材者や著者にもあります。

自分の願望に合致する理論は、受け入れやすいのでより疑うという傾向を持っていた方がいいです。

参考: 確証バイアス(wiki)確証バイアス(文教大学のページ)


10.正しい科学知識をつける

健康食品などでよく「身体の必須なんとかを含んだもの」をすりつぶして食べるといったことがありますが、特に意味がなかったりすることも多いです。また化粧品に何かそれっぽいものを加えたところで「なんかいい気がする〜」という効果しかないものがあります。

少しづつでも科学の知識をつけていくことが大事です。


いかがでしょうか?


(文: SY)

この本は(ブルーバックス読むような)中学生〜高校生にも読めるし、大人にも読めるという本です。初めの一冊にオススメ。
ニセ科学を10倍楽しむ本
山本 弘
楽工社
売り上げランキング: 19679


ハヤカワ文庫NFは秀逸な本が多いですよね。そこから。
奇妙な論理〈1〉―だまされやすさの研究 (ハヤカワ文庫NF)
マーティン ガードナー
早川書房
売り上げランキング: 114641


奇妙な論理〈2〉なぜニセ科学に惹かれるのか (ハヤカワ文庫NF)
マーティン ガードナー
早川書房
売り上げランキング: 136538




ニセ科学ウォッチャーは是非。どこから読んでも楽しめます:-) と思ったら在庫がぁぁぁ。
懐疑論者の事典〈上〉
ロバート・ T・キャロル
楽工社
売り上げランキング: 361397


懐疑論者の事典 下 (2)
懐疑論者の事典 下 (2)
posted with amazlet at 11.04.06
ロバート・T. キャロル
楽工社
売り上げランキング: 362837

posted by さいころ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月24日

8つの心理的バイアス

写真素材 PIXTA
(c) ひろみ写真素材 PIXTA



心理的なバイアスというものは人を惑わせます。心理学ではこのような様々なバイアスについて研究しており、このようなバイアスを知ることで、より正しい判断を行えるようになります。

今回は8つのバイアスについて紹介します。

■バイアスの盲点 Bias Blind Spot

バイアスの盲点は、私たちは他人よりもバイアスの影響が少ないと考えることです。このような記事を読んでいる段階で、たしかに他人よりもバイアスの影響を受けにくいと考えることができます。一方でよく言われるように、人は自分だけを特別と考え、自分は平均以上であると考えています。つまり、自分は他人ほどバイアスの影響を受けていないと考えてしまいがちなのです。

回避方法:
自分の知性を高く見積もらないようにし、自分も他の人と同様にバイアスに支配されていると考えるようにしましょう。


■確証バイアス Confirmation Bias

確証バイアスは、人は自分が事前に思っているものを探し、そこから情報を得るというものです。私たちが何か自分の理論を持っていると、それを確証するような情報に注意を向けてそれを記憶していきます。一方、自分の理論に合わない反証は、何かそれを無効と思ったり、無視したりします。このような傾向は、私たちを反証から目を反らさせて、以前の信念に縛り付けてしまいます。

回避方法:
自分の現在の意見に関わらず、証拠を平等に見るようにベストをつくしましょう。いつでも、意見を変えられるように準備しましょう。


■フレーム効果 The Framing Effect

フレーム効果というのは、私たちは同じ情報でも別の視点から見ると違った印象を受けるというものです。例えば、”200人の命を救う”か”1/3の確率で600人の命を救うが、2/3の確率で600人が死ぬ”といった場合と、”必ず400人が死ぬ”か”1/3の確率で一人も死なず、2/3の確率で600人が死ぬ”といった場合はそれぞれ論理的には同じことですが、受ける印象が違います。

回避方法:
常に、コストと利益の両方の面をチェックして、片側の視点のみで行動しないようにしましょう。


■ギャンブラーの誤謬 Gambler’s Fallacy

5回コインを投げて全部表が出たら、次こそは裏と思いますか?これがギャンブラーの誤謬です。次のコイン投げの結果は、これまでの結果には無関係なので、次に裏になるかくりつは50%です。もちろん、100回連続で表が出たコインなら、イカサマコインを疑う必要もありますが…

回避方法:
コイン投げのようにこれまでの結果が、次の結果と無関係のものならば、以前の結果を参考にして次の決定に反映させないようにしましょう。


■ハロー効果 Halo Effect

ハローとは後光のことです。ハロー効果とは、有名人が宣伝しているものは商品自体がいいものに思えたり、ある分野の有名人が他の分野についても詳しいかのように思えてしまうというものです。逆に、有名人が不祥事を起こすと宣伝している商品もダメなように感じられ、スキャンダルを起こした人は全てにおいて悪いように感じられるという負のハロー効果もあります。特に医薬品に詳しくもないタレントが宣伝しているからと言って、その商品を好ましく思う必要はないはずです。

回避方法:
ある人が、特定のことに秀でているからといって、他の面でも秀でているなどということはありません。特定の分野での優秀さと、それ以外のことを別のものとして区別しましょう。


■単純接触効果 Mere Exposure Effect

単純接触効果は、何度も会うとそれを好きになるという傾向です。人に何度も出会うことで、好ましく思い、友達になったり、親しいパートナーになったりします。また、同じCMを何度も流すのもこの単純接触効果によります。逆に、これは私たちが新しいものに出会った時に”好きになる傾向がない”という点で危険なものです。

回避方法:
単純接触効果は、何度も接触したことによる好ましさと同時に、何度も接触していないものを高く評価しないということも意味しています。このようなバイアスに気をつけて、新しいものを探すといいかもしれません。


■プランニング効果 Planning Effect

プランニング効果は、私たちがあるタスクを完了するために必要な時間を少なく見積もるというものです。また、プランニング効果は、タスクを完了する時間だけでなく、プロジェクトのリスクも低く見積もります。

回避方法:
計画時により注意して、より時間がかかる見積もりを出しましょう。また、計画時には自分の脳力を過剰に見積もる傾向があります。先にある大きなゴールよりも、近くにある小さなゴールに集中しましょう。


■購入後の正当化 Post-Purchase Rationalization

多くの人は感情によって商品を購入した後に、自分の選択を後から正当化します。この購入後の正当化は認知的不協和によって説明されます。つまり、購入したという結果を正当化するために、その理由が後から創出されると考えられます。

回避方法:
感情で判断するのでなく、理解できる明快な理由が見つかってから決定しましょう。


■その他のバイアス Other Biases

私たちは自分が合理的であると考えがちです。しかし、心理学の研究は、これが私たちは間違ってしまう傾向があることを示しています。残念ながら、ここに書ききれないほどのバイアスがあります。英語になりますが、こちらにリストがあります。

おそらく私たちは全てのバイアスから免れることは出来ないでしょうが、様々なバイアスがどのようにあるのかを知ることで、現実の世界をより明瞭に見ることができるでしょう。


この記事はこちらを参考に書きました。

(文: SY)


関連記事:
毎日見てたら、だんだん子供番組が気になってきました (単純接触効果について)
認知的に陥りがちな10の罠


このような認知バイアスについて書かれた本としては以下が有名です。
人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)
トーマス ギロビッチ
新曜社
売り上げランキング: 36410


消費者としてダマされないような、より実践的な本として以下があります。
あなたもこうしてダマされる―だましの手口とだまされる心理
ロバート レヴィーン
草思社
売り上げランキング: 252666

posted by さいころ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月08日

フェイスブックは自尊心を上げる

写真素材 PIXTA
(c) mamario写真素材 PIXTA


コーネル大学のAmy L. GonzalesとJeffrey T. Hancockがフェイスブック(Facebook)が自尊心に与える影響を研究しました。

※Amy L. Gonzalesは現在ペンシルバニア大学。

この研究では、3分間にフェイスブックで自分のプロフィールと関連の画面にのみアクセスしタ場合と、見ない場合(コンピュータの電源がオフにされている場合と、オフになっていて鏡が置いてある)に自尊心に違いがあるかを計測しました。


この結果、フェイスブックを見ていた被験者は自尊心が向上したことが分かりました。また、特に自分のプロフィールを編集しているとさらに自尊心が向上することが分かりました。


フェイスブックでは「イイネ!」のみが容易に相手に伝えられるシステムですし、自分の好みでないものの表示を消したりするができるので、画面に表示されるものが自分の好みのものだけになります。これが、さらに自尊心を向上させやすいのではないかと私は思っていますが、このあたりの研究はまだのようです。


元の論文はこちらです。


(文: SY)

関連記事:
フェイスブックでの友達外しの3つの理由
フェイスブックの7つの習慣

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)
デビッド・カークパトリック
日経BP社
売り上げランキング: 33

posted by さいころ at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月02日

正直さと謙虚さが仕事のパフォーマンスを決める?

写真素材 PIXTA
(c) UYORI写真素材 PIXTA


真摯さ(integrity)が仕事のパフォーマンスを予測するパラメータであることをが分かっていましたが、それに加えてベイラー大学の研究で、正直さ(honesty)と謙虚さ(humility)が大きな要素であることが分かりました。これは、20の異なる州、25の企業で269人を調査することで得た結果です。

結果からすると当たり前と考えられるものですが、”当たり前と思っていること”と”真実”の間には大きなギャップがあると思います。


人を採用する時は、「真摯さ、正直さ、謙虚さ」で、”し、し、け”の法則ですね。


この記事はこちらの記事を要約したものです。

Baylor University (2011, March 1). Higher job performance linked to people who are more honest and humble.
ScienceDaily. Retrieved March 2, 2011, from
http://www.sciencedaily.com/releases/2011/03/110301122059.htm
posted by さいころ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年01月21日

認知的に陥りがちな10の罠


b19objects339.jpg



人間には直感があります。これがないと、ちょっとしたことを把握するのにも長い時間がかかってしまいます。きっと石器時代ならば、直感がないと動物に殺されてしまったことでしょう。

ただし、現代ではこのような直感が人間の認知に与える影響によって、様々な勘違い・間違いをしてしまいます。以下のページでは、このような認知的誤りのトップ10を説明しています。

http://listverse.com/2010/01/07/top-10-common-faults-in-human-thought/

ここでは、その認知的誤りトップ10を説明します。

(説明部分はオリジナルなので、上のページとは異なります)


10 ギャンブラーの誤謬 Gambler’s Fallacy
 ギャンブラーの誤謬は、失敗する確率が過去の出来事によって変化すると考える傾向です。これまで10回連続で10回連続で裏が出たところで、次の表が出る確率は50%です。しかし、「今度こそ」と勝手に確率を解釈します。

9 反応性 Reactivity
 反応性は、人は見られているときに違う反応をすることです。有名なホーソン効果は、注目されている時に労働者の生産性が向上するというものです。これによって、反応性による効果を、別のパラメータの変更による効果と勘違いしてしまうことがあります。

8 変像 Pareidolia
 変像は、ランダムな画像や音が意味のあるものとして捉えらてしまうことです。本来何もない所に人が意味を感じてしまうのです。

7 自己成就的予言 Self-fulfilling prophecy
 自己成就的予言は、自分のこれまでの態度を保存するために、無意識に行動を変えることです。例えば、自分は勉強ができないと信じていると勉強をあまりしなくなり、実際に勉強ができなくなります。
 占い師などが人に示唆することで行動が変わって、その結果として占いが当たったり。不況と言われることで、不況になったりします。

6 ハロー効果 Halo effect
 ハロー効果は、他人のある面(良い面や悪い面)が他の面にも”波及”することです。例えば、有名人がCMをしている商品を”良いもの”と思い込んでしまったり、ある分野の専門家について他の分野についても詳しいと思い込んでしまったりします。

5 群集心理 Herd Mentality
 群集心理は、他人との衝突を避けるために多数に従うという傾向のことです。洋服や車の”流行”などは、群集心理によって説明されます。今、1980年代の格好をしないことも、この群衆心理から説明することができます。

4 心理的リアクタンス Reactance
 心理的リアクタンスは自分の選択の自由を制限されると、それに抵抗するために反対のことをしがちなことです。説得をされている時に、反対の(現状の)態度により拘ったりします。
 また、子供に対してやって欲しいことの反対を押し付けることで、本来やってもらいたいことをさせるといったことも、心理的リアクタンスで説明できます。

3 双曲線割引 Hyperbolic Discounting
 双曲割引は、現在のメリットを将来の見込みのメリットよりも過大評価することです。これは、すぐに1万円もらうのと1週間後に1万300円もらうのと1年後に1万2千円もらうのとどれをとるかということです。人は、将来の金額(メリット)について、双曲線的に割り引いて計算していると考えられます。

2 立場固定 Escalation of Commitment
 立場固定は、それまでの努力を、維持し続けようとする傾向です。数多くの決定をすると、失敗も避けられないので、もし失敗したらやり方を変えてみたり選択を変えてみる必要があります。しかし、立場固定によって、それまでのサンクコスト(すでに払ってしまったコスト)によってさらにその選択に投資をしていまいます。

1 プラセボ効果 Placebo Effect
 プラセボ効果は、治癒力があると信じていると効果がない物質でも、効果がでることです。プラセボ効果が治りたいと思っている人を治すという”期待効果”を生むと言われています。ただし、どのようにプラセボ効果が生まれるかという説明は十分にされていません。
 ちなみにプラセボは良い効果をうむためのもので、悪い効果を生むものはノーセボ(Nocebo)と言います。
 なお、最近の研究では、「これはプラセボだ」と分かっていても効果があるという報告がされています。


このような認知バイアスについて書かれた本としては以下が有名です。

人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)
トーマス ギロビッチ
新曜社
売り上げランキング: 47643



また、消費者としてダマされないような、より実践的な本として以下があります。

あなたもこうしてダマされる―だましの手口とだまされる心理
ロバート レヴィーン
草思社
売り上げランキング: 44490



双曲線割引は以下の本で解説されています。この本は何故、自分がグズグズするのかを分かりやすく説明しています。人の心理をピコ経済学と称して、ゲーム理論と双曲線割引で分かりやすく解説しています。

誘惑される意志 人はなぜ自滅的行動をするのか
ジョージ・エインズリー
NTT出版
売り上げランキング: 80129

posted by さいころ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

お見合いの法則

2550386279_335bae5e0b.jpg
画像はFlickrのarimooreさんの画像から。

先日、NHK教育テレビのすイエんサーという番組で、「"道でお見合い"しちゃうのって、なんとかならないの〜?」という回がありました。

”道でお見合い”というのは、道で人とすれ違う時に、

右から・・・あれ?
 じゃあ、左から・・・あれれ??
  じゃあ、右から・・・あれれれ???

とかなるアレです。


番組中では、おそらくミラーニューロンがある(とは明言してませんでしたが)ために、互いに見ていると歩くタイミングが同調してしまうのが原因と説明していました。


実際に人を向かいあわせにして、ロールカーテンで互いが見えないようにしてそれぞれ足踏みをしてもらいます。その後、ロールカーテンを上げて、互いを見えるようにすると足踏みのタイミングが一緒になるという実験をしていました。


というわけで、実際に本当か、相手を見ている時と見ていない時で足踏みのタイミングが一緒になるかテストしてみました。。。


テキメンです!


足踏みをしている相手が視界に入ると、すぐに同じタイミングで足踏みをしてしまいます。同調すげー。

すげーなー。



(この実験、人が二人いたらすぐ試せますのでオススメです)


ちなみに、お見合いしないようにするためには、最後で歩幅を小さくするというのがありました。

もうちょっと、実践的な使い方(サッカーへの応用)は、こちらのページに面白い記事があります。



SYNC
SYNC
posted with amazlet at 11.01.21
スティーヴン・ストロガッツ
早川書房
売り上げランキング: 208132


ミラーニューロン
ミラーニューロン
posted with amazlet at 11.01.21
ジャコモ ・リゾラッティ コラド・シニガリア
紀伊國屋書店
売り上げランキング: 118309


posted by さいころ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他